森の月

看護師資格取得!これからが本番に恐れおののきながらも、がんばるしかないなーと遠い目をする全然絵を描いていない絵描きブログでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作品紹介4

東方乱力録arcadia⇒SS投稿掲示板⇒その他

東方の二次創作物。
現実⇒幻想郷がまだちゃんとなかったぐらい古い時代。
現在も更新中で、更新頻度は3日に1回ほど。
主人公TS(ただし、第一話にのみ話があるくらいで、後はそういう話は出てこないので普通に女主人公としてみることができるかな)
個人的にはまっている小説。
下弦は東方のストーリー全て知っているわけではないのですが、それでもこれが正史なんじゃなかろーかというほど納得ができます。
そうかといって、シリアスな話か、といえば読みやすい話になっているのでぐんぐん読めるかも。
主人公白麗白雪無双(イヤミな主人公最強ものではない)。
数ある東方二次創作(少なくとも下弦は20作品くらい見ました)中でもダントツTOP1です。


異界の魔術士小説を読もう……作者ハロー天気

オリジナル完結作品。
主人公は、現実世界の女子高生。ピクニックに来たところいつのまにか異世界に迷い込んで――。という話。
作者さん自体がハッピーエンド主義ということで、ところどころ危ないなーという場面はあるものの、緊迫感とかハラハラ感はないかも。スパイス程度はあります。

魔法とか精霊とかあります。
主人公はいろいろな道具を作ったり、精霊を従えたり、途中から完全に主人公最強モノへと変貌します。
でもイヤミさはなく、どちらかといえばスレイヤーズ系に近い作品イメージをもって読めば違和感がないかな?

現在、この作者の方は別作品を更新中ですが、そちらも読み応えがあって面白いです。
まさしく主人公最強ものを面白く読ませるには、こうした方がいいといわしめる作品です。
スポンサーサイト
[ 2010/02/26 22:22 ] 小説紹介 | TB(0) | CM(0)

らくがきな気分74

言葉が届かないんじゃない。心が届かないんだ。
<自作小説>


ただいま画力向上中のためいろいろ試し中ーです。
IMG_0101ラフIMG_0101統合
IMG_0103ラフIMG_0103.jpg

人物だけじゃなくて、小物とかも描けるようにしていかんといかんのです。
[ 2010/02/20 19:56 ] らくがき | TB(0) | CM(1)

らくがきな気分73

「そ、同情か憐憫れんびんとかそういうの。
いいかい人間のお嬢さん。絶望にいるモノを救おうとするなら、
負の感情で動いてはいけないんだ」
「負は正でなければ打ち消せない。悲しみに陥ったモノを哀しみ
で掬いすくい上げても、癒されないものがあるんだよ
 ーーーま、あれだな。救った後の社会復帰(ディケア)まで受け持つってんなら話は別だが、人間、そこまで暇なヤツぁ稀だからな。
 やっぱり助けるんなら、どっちも得になる理由じゃないと損ってコトだ」

「分かり辛かった? なら例えばの話をしよう。
 ある場所に、世界一番不幸な目にあっているヤツがいるとする。ある日、アンタはそいつの事をニュースで知って落ち込んでじまうんだが、それは意味のない感傷なんだ。
 遠い世界の話には関われない。自分には関わりのない所で誰かに不幸な出来事が起きたとしても、アンタは笑っていろ」

・・・・・・そう。自分の世界にないものを救おうなんて、それは自分
の世界を否定することになる。
口にするまでもない世の摂理だ。
関係のない人間、反対をしない人間は、それだけであらゆる不幸を肯定している。
その不平等は覆らないくつがえらない。なら、何者かを犠牲にして立ち行っている幸福を甘受しなくてどうする。

たとえ醜悪な生でもあろうと、恵まれているのなら笑って受け入れなければ嘘になる。
その矛盾、その醜さと一生涯向き合っていくのがまっとうな人間だ。

人間は自分しか救う事はできない。
他人の為に他人を救おうなんていうのは死に値する言い訳だ。
そんなこ綺麗事では誰も救えない。
だがーーーそれでもなお、自分以外のものを救えると信じるの
なら。
自分以外の誰かを、救いたいと囀るのならさえずるなら。
「ーーーそうだ。それでも何かをしたいというのなら、せめて、笑いながら救いに行け。
 見捨てられないから残るとか、可哀そうだから戻るとか、そういうのは余計なお世話だ。一緒に苦楽を共にしようなんて、間違っても抱くなって言うコトでさ」

共有するのは楽だけでいい。
苦しみを伴って助けに来られても迷惑だ。
望むのは問答無用のハッピーエンド。
失い続けた日々を上回る愛と平和。

・・・・・・そう。
例えば、昏く沈んだ瞳が。
差し伸べられた手に、輝かしい未来を見られるように。

<Fate/hollow ataraxia~アンリマユ>





IMG_0101.jpgIMG_0100.jpgIMG_0102.jpg
バレンタインデーの絵を実は考えていたりしました(汗
でもあげられなかったです(泣)。
でもあげます(マテ

色の使い方をいろいろ学ばないといけない時期にきているのです。
ちなみに一番左の絵は、我らが主人公、八代修司さんがあやまってドアを開けた先にあった光景だったり(笑)
[ 2010/02/17 21:58 ] らくがき | TB(0) | CM(0)

らくがきな気分72

 
 ガラス玉一つ落とされた 追いかけても一つ落っこちた
 一つ分の陽だまりに 一つだけ残ってる

 心臓が始まったとき 嫌でも人は場所をとる
 奪われないように 守り続けてる

 汚さずに保ってきた 手でも汚れて見えた
 記憶を疑う前に 記憶に疑われてる

 必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして
 ここにいるよ いつだって呼んでるから
 くたびれた理由が重なって揺れるとき
 生まれた意味を知る

<カルマ アーティスト:BUMP OF CHICKENより>




依頼品をじみに作業中。
プラス色塗りをいろいろ試し中。

小夜01小夜01色塗り中

更なるレベルアップの必要にせまられているのです。
由那の森自身が好きでやっていることなので、不満はありませんヨ?ホントダヨ。

ふと思ったことを口にしたりしてみます。
にゅーすなどを見ていて、ふと思ふ。
やたら犯人の志望動機とか、背景とか語ったりしているけど――。

アレって何か意味があるのかな?
由那の森には、起きたことに対しての罰は必要だし、起こしたことは罪であるから。
その起こったことに対して洞察してもこういう場合は、あまり意味がない気がするー。

由那の森的には、こう聞こえてしまうのです。
事件を起こした『彼』とわたしは人間の種族でも違う人種だと――。

わからないから遠ざけて、理解ができないから隔離してしまう。
集団という特性上それは仕方のないことだけど。

行き過ぎてしまうと、排斥された人はどこへ行ってしまうのかな。
目の前から消えたからといって、その人が世界から消えたわけじゃないのに。

罪と罰は違うもの。
罪は消えないし、消すことはできない。

罪を犯した人が罰を受けて、たとえ改心したとしても罪は罪。
発作的な犯行ではないのならば、罪の重みを安易に軽くしてはいけないと思うのです。

などと脈絡もないことを妄想したり。




[ 2010/02/10 23:40 ] らくがき | TB(0) | CM(3)

らくがきな気分71

I am bone of my sword.
体は剣で出来ている。

Steelis my body, and fireis my blood
血潮は鉄で、心は硝子。

I have created over a thousand blades.
幾たびの戦場を越えて不敗。

Unknown to Death.
ただ一度の敗走もなく、

Nor known to Life.
ただ一度の理解もされない。

Have withstood pain to create many weapons.
彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う。

Yet, those hands will never hold anything.
故に、生涯に意味はなく。

So as I pray, unlimited blade works.
その体は、きっと剣で出来ていた。
<Fate/stay night アーチャー>

ただいま、いろいろ活動中です。
明菜01ver02明菜01ver02編集

上の絵はその一例。
どんな形になるかはまだわかりませんが、ネットで知り合った人々と創作活動しています。
同人誌ベースになるのか、はたまたゲームになるのか。

ちょっとわかりませんが。
そちらのほうの報告もしていこうと思っていたり。

[ 2010/02/04 21:38 ] らくがき | TB(0) | CM(0)
フリーエリア
メルルのアトリエPlus公式サイトはこちらへ!
プロフィール

由那の森

Author:由那の森
看護師資格取得!これからが本番に恐れおののきながらも、がんばるしかないなーと遠い目をする全然絵を描いていない絵描きブログでござる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。